取扱商品土嚢袋

土嚢袋イメージ

土嚢袋の素材はポリプロピレン(PP)が一般的で、摩擦や衝撃に強く、硬く尖った資材や廃材などを入れても破れにくいのが特長です。ただし、対候性はそれほど高くないため、屋外での保存には適していません。

土嚢袋は文字通り、土を入れるための袋です。砂を入れるため、砂袋と呼ばれることもあります。土木関係の現場や災害時に土を詰めて使用します。土のう袋の大半はポリエチレン(PE)で作られているため、紫外線や熱に強く、屋外での使用に適していますが、ポリプロピレン(PP)と違い破れやすいという注意点もあります。

端材やごみが少ない場合は安価な土嚢袋を遣うなど、状況によって使い分けをすることで、コスト削減にも繋がります。